つらい介護、自治体が実施する介護支援金制度とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kaigo-jyoseikin

介護を行っている家族をねぎらう意味合いがある補助金や介護用品にかかる費用を助成金として支給してくれるものなどがあり、要件を満たしているかどうかを確認し、ご自身で書類を作成し申請を行う必要があります。

各自治体が独自に行っている介護支援金制度

補助金については各お住まいの市町村の福祉課などに問い合わせたり、自治体のホームページなどで確認が可能となっています。

例えば、横浜市にお住まいの方であればコチラ

Yahoo!やGoogleにて「◯◯←お住まいの市区町村 介護支援金制度」で検索すると情報が表示されると思います。

要介護の認定された等級によっては受けることができない場合もあります。また世帯収入によって差があったり、購入した介護用品の金額によっても助成金の額が違ってきます。介護用品の支給対象になっているアイテムが紙おむつなど頻繁に消費されるものだけを対象にしている自治体もありますから、介護ベッドや車いすなどの購入に助成金を利用したいと考えている人は先に条件の確認を行うと良いです

位置情報サービスにも助成金が?

認知症により徘徊する高齢者が増えて、事故に巻き込まれたり行方が分からなくなったりする事件も増えてきているため、位置情報サービスの導入を検討している人に対して助成金を設けている自治体も多くなりました。導入システムが指定されている場合もあるので、確かめておくべきです。

自治体への申請を代理で行うサービスを実施している企業や団体がありますが、不当な組織も多いので、利用には細心の注意が必要です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*