ローン破産しないために!失敗しないための住宅ローン選びのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s

住宅ローンを組む際には、その時の金利が高いのか安いのかを確認して、変動金利で組むのか、固定金利で組むのかを決めることをお勧めです。

また銀行によって金利などが変わってきますので、よく検討してから住宅ローンを利用する場所を決めることが大切ですし、途中で繰り上げ返済などをしたいと思っているのであれば、繰り上げ返済をする際の手数料は、どれぐらいかかるのかなども確認しておくことが大切です。
住宅ローンは、長く付き合っていくものですので、途中でローン破産などをしない為に、無理ない返済プランを立てることが大切です。

住宅ローンを考える際にチェックすべきポイント

上記にも記載しましたが、まずは金利を確認した上で変動金利で組むのか、固定金利で組むのかを考えて納得した上で決める事です。その他にも

返し終える年を考える

返済期間は自分が返し終える年のことなどを考えて決めるとよいと思います。返し終える頃には、定年を過ぎてしまっているというような返済期間の設定は無理がありますのでお勧めできませんが、返済期間を短くしたいが為に、毎月の支払いが高くなってしまい、生活していくのが厳しくなってしまっては意味がありませんので、そこら辺の兼ね合いもよく考えて決めることが大切です。

ボーナス払いはオススメしません

またボーナス払いなどを使用するのはあまりお勧めできません。もしボーナスが支給されなくなってしまったら、返済が厳しくなってしまうからです。ボーナスというのは、必ず毎回もらえるとは限りませんので、ボーナス払いという方法を設定するのはあまりお勧めできません。

毎月、無理のない金額設定にしてコツコツと返済をしていくことが、住宅ローンとうまく付き合っていくポイントと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*