本当にお得?ふるさと納税の寄付金控除の計算方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
onigiri

近年人気となっているのが、自治体への寄付金であるふるさと納税です。

どの自治体に寄付するのかは当人の自由で、ほかの地域に寄付した金額の一部を、元々納めるべき地域の税金から差し引くという仕組みになっています。

ふるさと納税を行なうことによって、寄付金控除という源泉措置を受けることができます。寄付した金額のうち2000円を超える部分に付き、所得税の所得控除や住民税の税額控除が受けられます。この結果によって、所得税と住民税の負担が軽減できます。

ふるさと納税による控除の計算式

寄付金控除の金額の計算について

所得税からの控除は(ふるさと納税額-2000円)×所得税率
※なお、控除の対象となるふるさと納税額は総所得金額の40%が上限です

通常の住民税は(ふるさと納税額-2000円)×10%

特定区に寄付する場合は(ふるさと納税額-2000円)×(1-10%-所得税)または住民税額所得割×20%となる計算です。

正直少しややこしいですね(笑)

なので、下記のようなサイトで計算シミュレーションを行う事も可能です。

ふるさと納税計算シミュレーション

また、こういったふるさと納税ポータルサイトを利用するのも手です

さとふる(ふるさと納税サイト)

寄付金控除には上限があり、この上限に達してしまうとそれ以上の控除を受けることはできないとされています。

わずかな負担で寄付金控除と特産品を手に入れることのできる制度ですが、ケースによっては得にならない場合もあります。

得するためには、自分の収入を計算して、上限を検討しながら行なうことが賢くこの制度を利用するポイントです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*